ガンガゼ(幼生)

【2011/09 Black Longspine Urchin (Juv) Diadema setosum

 撮らないという選択肢を思いつきませんでした(笑)

 浅場でガレをめくっていると、小さな何かを発見。
 よーく見ると…ガンガゼの小さな個体ではないですか(^-^

 身体より真ん中の咀嚼器の方が目立つなんて可愛いね♪

 『笑顔の為に、僕らが今できること。』


 旺盛な食い気は強力な5枚歯のランタン(ちょうちん)型の
 咀嚼器(そしゃくき)に支えられていますが、この器官の正
 式名称を日本語では「アリストテレスの提灯」といいます。

 「動物学の祖」といわれる、ギリシャの哲学者アリストテレス
 (紀元前382~322年)は地中海のレスボス島で海産動物
 の研究中に、これを発見して命名しました。

 こちらから転載。