ミナミハンドウイルカ Toshima 2

【2015/07 Indian Ocean Bottlenose Dolphin Tursiops aduncus

 どういう時に口を開けるのだろう?

 お世話になったのは『民宿寺田屋』さん。

 友人が利用していたことや、水中写真家の高縄奈々さんがドルフィン
 スイムのガイドをしていることもあり、今回選定させて頂きました~♪

 # Twitterやブログイルカの写真を拝見していたこともあり(^-^

 今回利用して分かったのは、宿の施設がとても良かったことです。
 特にお風呂が2つにシャワーが3つ。(トイレも3つあったり、洗濯機が
 2つあったり…こちらは水着の脱水用にも♪)

 水温が24~25度あったとはいえ、やはり1時間以上海に出ていると身体
 が冷えます。そこへ民宿へ戻ったら、直ぐにお風呂が沸いているのは、
 本当に嬉しかったです~♪

 今までのドルフィンスイムとの違いを感じたのは、ガイドさんが居た
 こと
です。今までは船上に居る船長さんからの指示や合図を元に
 イルカの居る位置を判断していました。

 しかし、今回は船長さん+ガイドさんの2人体制でした。そのため、
 船上からの判断と海面からの判断でイルカへのアプローチは的確でした。

 ドルフィンスイムが3度目の私のヤマ勘なんてあてになりません。。
 そのため、一緒に海に居る奈々さんの声はとても助かりました!

 前かな?後ろかな?とキョロキョロしていると、真下に居ることに気が
 付かなかったこともありましたが(>_<)、そんな時のナイスフォローに
 何度も救われたのでした。

 [水中写真:写真ブログ村]